楽天・全米株式インデックス・ファンド第4期運用報告書│実質コストは0.187%でした

楽天VTI第4期運用報告書 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。
楽天・全米株式インデックス・ファンド(以下、楽天VTI)の運用報告書も公表されました。

第3期も問題ありませんでしたか、今回の第4期も引き続き順調でした。

運用報告書は楽天投信投資顧問(株)の以下リンクをご覧ください。

楽天・全米株式インデックス・ファンド第3期運用報告書
交付運用報告書
運用報告書(全体版)

また楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)の運用報告書についてはこちらをご覧ください。

404 NOT FOUND | お気楽インデックス投資ジャーニー
インデックス投資によるコツコツ資産形成、家計のこと、そして趣味・自分の物欲についてのブログです
スポンサーリンク

実質コストは0.187%と特段問題ありません

まずは気になる実質コストから見ていきます。
楽天VTI第4期1万口当たりの費用明細

上記コスト0.157%にETFの経費0.03%を加えた0.187%実質コストです。

引き続き安心して購入できる商品になりますね。

スポンサーリンク

分配金について

分配金は出ません。
留保益は、元本と同様の運用を行なっていきます。
楽天VTI第4期分配金

スポンサーリンク

基準価額と資産規模について

純資産は順調に増えており、3,133.74億となっています。
基準価額は、17,713円となりました。
楽天VTI第4期基準価額等の推移

ベンチマークとの乖離では、ベンチマークが44.9%に対して楽天VTIは44.4%と0.5%のマイナスです。
楽天VTI第4期5年間の基準価額等の推移

楽天VTI第4期ベンチマークとの差異

ベンチマークとの差異の主な要因は、以下の通りです。
・マザーファンドにおける継続的な資金流出入に伴う投資先ETFの売買執行コストの積み重なり
・投資先ETFからの分配金の課税
・当ファンドにおける信託報酬等

楽天VTと違って分売金の3重課税の懸念はありませんし、許容範囲内の乖離です。

スポンサーリンク

前年に引き続き安心して購入できるファンドです

純資産総額も3,500億円を2021年9月17日現在で超えており、引き続き順調に規模拡大が進んでいくものと思われます。

引き続き安心して購入できるファンドですが、そろそろ本体のコスト引下げも視野に入れてもいいのではないかと思います。

バンガードのVTIへ投資信託で簡単にアクセスできる点が本商品の魅力です。

今後も米国株一強の状況が続いていくのかは5年、10年先は分かりませんが目先のところでは米国株式の強さは事実です。

どこまで米国株にbetするのかは各自の判断に委ねるところですが、そう判断したならば本商品は間違いなくいい商品の一つだと思います。

楽天・バンガード・ファンドに関してはこちらもご覧ください。

これから投資を始めてみようかなと思った方は、ぜひ以下記事もご覧ください。

基本的な資産形成の知識を身につけることが出来ます。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント