スポンサーリンク
スポンサーリンク

初めての人にもおススメしたい濃厚煮干しそばがあります!│鶏そば なんきち

なんきち_外観 グルメ
スポンサーリンク

なんきち_外観
シオイ(@shioi401shioi)です。

今週(2018年9月4日~8日)まで行きつけの亀戸煮干し中華蕎麦つきひが夏休みのため、濃厚煮干しそばを食べに新規開拓を行いました。

前から気になっていたのが高田馬場にある鶏そば なんきちです。

元々鶏そばを提供していたのですが、現在は「煮干しそば」に力を入れているとのことでTwitter上でもたまに見かけて気になっていたラーメン店です。

まずはお店の情報からお伝えします。

スポンサーリンク

鶏そば なんきちの基本情報

ラーメンのジャンル 煮干しそば、鶏そば

住所  東京都新宿区西早稲田3-27-25

営業時間
火~日曜 11時30分〜15時
18時~22時(日曜夜のみ18時~21時)

定休日 月曜

最寄駅 高田馬場駅より徒歩9分程度

各種お知らせは、Twitterを要チェック
@nankichiniboshi

スポンサーリンク

お店、券売機について

最寄駅は都電荒川線『面影橋駅』ですが、高田馬場駅からでも徒歩9分程度で歩けます。

店舗外に営業時間案内、商品メニューの看板がでています。
なんきち_営業時間

鶏白湯醤油もありますが、今力を入れておススメしているのが「濃厚煮干しそば」です!!
なんきち_看板

 

店内に入ってすぐのところに券売機があります。

訪問した夜の部ではご飯系が売り切れていました。
なんきち_券売機

食券を購入したら席に着きます。

18時30分過ぎに訪問した際には、席は余裕がありカウンターに座りました。

カウンターにはコップ、ようじ、昆布酢(和え玉用)とブラックペッパーがあります。
なんきち_カウンター

スポンサーリンク

力を入れているおすすめのラーメン

元は鶏そばでスタートしたお店ですが、今現在力を入れているのは煮干しそばになります。
店主のおススメは「濃厚煮干しそば」です。

写真は、濃厚煮干しそば:850円です。
なんきち_濃厚煮干しそばスープの色は濃厚煮干しそばであるセメント色なんですが、ドロッとしていません。

サラサラなんです!!

そしてつきひ等の濃いめの濃厚煮干しそばに慣れ親しんでいるシオイにとっては優しいとさえ感じてしまう飲みやすいスープです。

そして麺は細麺ながらポキポキ麺でスープによく合います。

きっと初めて濃厚煮干しそばを食べる人でも嫌にならない味ではないか、それくらい食べやすいです。

麺・具材を食べきって、和え玉のつけ汁用に少しスープを残しておきます。

なんきち_濃厚煮干しそばスープ

そして和え玉:200円をオーダーです。

ちなみにカウンターに和え玉の説明書きがあります。

なんきち_和え玉説明

 

この和え玉もスープ同様にとてもやさしい味に仕上がっています。そのまま食べてもよし、先ほど残した濃厚煮干しスープにつけ麺風にひたして食べてもよし!!

なんきち_和え玉

スープも残さず飲んで完食です。
なんきち_完食

今回、ご飯系が売り切れ状態だったので試せなかったのですが、このおススメの食べ方を見ると試してみたくなります。

なんきち_ご飯

ランチタイムはご飯無料なので、次回はランチタイムに行ってご飯をインして食べてみたいと思います。

高田馬場近辺で美味しい煮干しそばをお探しでしたらぜひ行ってみることをおススメします!!

 

スポンサーリンク
グルメ
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
良かったらシオイをフォローしてください。
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント