イオンから配当金とキャッシュバックです!!(2022年10月)

イオンからの配当金とキャッシュバック(2022年10月) 資産運用
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

イオンから中間配当金とオーナーズカードのキャッシュバックを頂きました。
中間配当金については前期と同額です。

インデックス投資中心なので普段は配当金とは縁遠い投資活動をしています。そんな中で少額でやっぱりキャッシュが入ってくるのはうれしいものですね。

それでは今回の中間配当、キャッシュバックがいくらだったのか報告です。

スポンサーリンク

2023年2月期中間配当金は1株当たり18円です。

まずはイオンの2023年2月期の中間配当金は1株当たり18円で、年間配当金の予想は1株当たり36円です。(前期実績は1株当たり中間:18円、期末18円の年間配当金は1株当たり36円でした。)

過去5年間の配当金の推移は以下の通りです。

2023年2月期第2四半期の経営成績のサマリーは以下の通りです。

2023年2月期第二四半期の連結業績では営業収益は4兆4,871億84百万円(対前年同期比3.3%増)となり、営業利益・経常利益はそれぞれ対前年同期比23.3%、22.3%増といずれも過去最高を更新しています。

積極的な新規出店に加えM&Aを推進するヘルス&ウエルネス事業、店舗のリニューアルや出店により集客力の向上に取り組んだディベロッパー事業、サービス・専門店事業、各国での規制緩和による外出機会の増加を機に集客イベントなどを強化した国際事業による増益が貢献しています。

イオン株を保有してからの配当金実績について

イオン株を保有してからの配当金の入金実績は以下の通りです。

時期配当金額(税前)配当金額(税引後)
2016年10月中間配当1,5001,196
2017年5月期末配当1,5001,196
2017年10月中間配当1,5001,196
2018年5月期末配当1,5001,196
2018年10月中間配当1,7001,355
2019年5月期末配当1,7001,355
2019年10月中間配当1,8001,435
2020年5月期末配当1,8001,435
2020年10月中間配当1,8001,435
2021年5月期末配当1,8001,435
2021年10月中間配当1,8001,435
2022年5月期末配当1,8001,435
2022年10月中間配当1,8001,435
合計22,00017,539

株主優待目的なので100株保有です。
少額ですが不労所得が入ってくるってやっぱり嬉しいものです。
入ってきた配当金はすべてインデックスファンドの購入資金に充てています。

スポンサーリンク

オーナーズカードのキャッシュバックはいくらだったのか?

イオン株保有の目的であるオーナーズカードのキャッシュバックですが、今回は買い物金額が約29万円でだったので8,659円のキャッシュバックとなりました。

オーナーズカードのキャッシュバックは投資には回さずに急な出費に対応できるようプールしている資金に入れておきます。

これまでのオーナーズカードのキャッシュバック実績について

イオン株を保有してからのオーナーズカードによるキャッシュバック実績は以下の通りです。

期間利用額キャッシュバック額
2016年9月~2017年2月250,5977,560
2017年3月~2017年8月352,40010,639
2017年9月~2018年2月314,3809,480
2018年3月~2018年8月199,6096,024
2018年9月~2019年2月228,3406,894
2019年3月~2019年8月239,7227,254
2019年9月~2020年2月359,47710,858
2020年3月~2020年8月327,7709,896
2020年9月~2021年2月323,4259,766
2021年3月~2021年8月347,50210,499
2021年9月~2022年2月307,9609,299
2022年3月~2022年8月286,3268,659
合計3,537,508106,828

自分の生活圏にイオンがあって頻繁に買い物をする場合にはイオン株を保有してオーナーズカードを活用するべきです。

オーナーズカードについてはこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク

イオン株の推移について

イオン株の株価推移については以下の通りです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 9aedaef6863ba9aedeab8e6255324092.jpg

今現在で購入しようとすると約28万円程度かかります。
一時は自分の購入価格の倍のダブルバガーになりましたが、優待目的なのであまり値動きは気にせず保有し続けています。

毎度同じことを書いていますが、オーナーズカード目当てであればタイミングは気にせず100株買ってしまっていいと思うのですが、タイミングを見計らって次の暴落を待つのも一つかもしれません。

ただ早く保有すればオーナーズカードも早く手元に届いてキャッシュバックの恩恵にあずかることができます。
どちらを取るかは好みですかね。

ただズルズルとチャートを眺めて悶々としているよりはまずイオン株を保有してオーナーズカードを貰って買い物をバンバンしてしまった方がいいのではないかと個人的には思います。

スポンサーリンク

終わりに

株主優待廃止の流れも反対するものではないのですが、日常の買い物に関することだとオーナーズカードのようなキャッシュバック優待制度は非常にありがたいです。

イオンでよく買い物をする方には絶対にお得なキャッシュバックです。
イオンを頻繁に利用しているのであれば、一度イオン株の保有を考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみに独自ブランドのLED電球もコスパが良くて電球がダメになる都度購入しています。

スポンサーリンク
資産運用
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント