スポンサーリンク
スポンサーリンク

積立投資を実行しました(2017年8月)

積立投資実行 積立投資の実践記
calculator-385506_640.jpg

シオイです。
2017年8月の積立投資を実行しました。

スポンサーリンク

積立商品は下記6本です。

・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
(信託報酬:0.18% 実質コスト:0.19%)

・<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
(信託報酬:0.20% 実質コスト:0.29%)

・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
(信託報酬:0.34% 実質コスト:未詳)

・野村インデックスファンド・外国REIT(愛称:Funds-i)
(信託報酬:0.55% 実質コスト:0.62%)

・〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国債券インデックスファンド
(信託報酬:0.17% 実質コスト:0.22%)

・eMAXIS新興国債券インデックス
(信託報酬:0.6% 実質コスト:0.72%)

※信託報酬・実質コストは税抜です。

実質コスト等の比較は、インデックス投資日記@川崎のkenzさんの記事を参考にさせて貰っています。

低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2017年2月更新)
Image: FreeDigitalPhotos.net低コストインデックスファンドの実質コスト完全比較 (2014年6月)を最新版に更新します。  たわらノーロードの実質コスト追記以降、野村インデックスファンド・米国株式配当貴族等を追加し、ニッセイインデックスシリーズや三井住友DCインデックスシリーズの実質コスト最新...

上記商品は、NISA口座で積立てています。

今月は新興国株式を「eMAXIS新興国株式インデックス」から「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」へ変更しました。また積み立てているものも一旦売却し、新たに買付を行っています。(これまで購入してきた金額もまだ少額なので総入れ替えをしました。)

変更の理由は、信託報酬0.34%の低コストが魅力的だからです。

新規設定投信は、1年様子をみて実質コストを見極めるのがセオリーですが「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」は「eMAXIS新興国株式インデックス」とマザーファンドが同じであり実質コストが大幅にかかることはないと踏んでいます。

ちょうどそのセオリーを裏付ける記事をじゅんさんが書かれています。
一般的に新規設定された投信は1年様子を見てから考えた方がいいです。

実は新興国株式のほかにiFree NYダウ・インデックスも積立購入をやめて全て売却しています。

売却の理由は、iFreeでS&P500インデックス(信託報酬年率0.243%(税込))が8月31日に設定されるため、そちらに鞍替えをしようと思っています。
これまでS&P500指数に連動するインデックスファンドはi-mizuho米国株式インデックス(信託報酬年率0.6156%)が購入できましたがちょっとコストが高いので諦めていました。

本ファンドの詳細は、じゅんさんの記事をご覧ください。

iFree S&P500 インデックスが信託報酬年率0.243%で登場
これまで、S&amp;P500指数に連動した米国株インデックスファンド(ETFを除く)はi-mizuho米国株式インデックス(信託報酬年率0.6156%(税込))しか選択肢がありませんでした。今回、米国株投資人気の高まりに合わせてか

本ファンドも新規設定のため実質コストがどうなるか気になるところです。

自分としても出てくるのを待っていた低コストなS&P500指数に連動するインデックスファンドなのでセオリーを無視して飛びつきたいと思っています。

先月(2017年7月)・翌月(2017年9月)の積立投資状況についてはこちらの記事をご覧ください。

積立投資を実行しました(2017年7月)
シオイです。 2017年7月の積立投資を実行しました。 積立商品は下記7本です。 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド (信託報酬:0.18% 実質コスト:0.19%) ・<...
積立投資を実行しました(2017年9月)
シオイです。 2017年9月の積立投資を実行しました。 積立商品は下記7本です。 ・<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド (信託報酬:0.18% 実質コスト:0.19%) ・<...

 

ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ  

スポンサーリンク
スポンサーリンク
積立投資の実践記
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
良かったらシオイをフォローしてください。
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント