資産状況(2020年5月)|今は『バンガード日和』です

資産状況・推移 資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

非常事態宣言も5月25日で全国解除となり、自宅近くのイオンモールも再開しやっと日常生活が少し戻ってきた感じがしています。

ただし仕事については在宅勤務中心が継続となり、「With コロナ」の生活を意識して引き続き過ごしていくことになりました。

そんな状況下でも米国株は強気に続伸しており含み損もかなり回復してきています。

それでは2020年5月の資産状況確認です。

スポンサーリンク

2020年5月の資産状況について

2020年5月の資産状況は以下の通りです。なお生活防衛資金・現預金、株主優待目的の個別株については含んでいません。

(描画中)


上記資産のトータルリターンは以下の通りです。

期間トータルリターン 前月比
保有中資産の全期間0.87%+3.14ポイント

 

今のアセット・アロケーションでのリスク・リターンは以下の通りです。

項目2020年5月 前月比
平均リターン5.7% +0.3ポイント
リスク16.4% +0.1ポイント
シャープレシオ0.35  +0.02ポイント

上記は「わたしのインデックス」の「資産配分ツール」にて算出しています。

ちなみにリーマンショック(2008年8月~2009年2月の7か月)において上記アセット:アロケーションだとリターンは-46.1です。

スポンサーリンク

積立投資履歴(2020年5月時点)

2020年5月末時点での積立投資の履歴について見ていきます。

コロナウイルスショックの影響もあっという間に過ぎ去り元本割れから若干回復しました。

元本・リスク資産推移_202005

コロナショック自体がリーマンシックのような原因とも違うため一時的な暴落で済んだのか、それとも他の暴落と同じように右肩下がりの低迷期に突入するのでしょうか?

過去の事例も参考にならない未知の状況に突入しているのかもしれません。

スポンサーリンク

『バンガード日和』が役立つのが今です。

2020年5月11日のバンガードのコラムに『バンガード日和』という言葉が目についたので紹介します。

バンガード-長期・分散・低コスト-
投資情報 - バンガード日和

2018年の市場が大きく変動した際にバンガードCEOのティム・バックリーが行ったアドバイスのことです。

「ボラティリティが高まると投資家の度胸が試されますが、これを『バンガード日和』、つまり規律ある低コストの長期的資産運用が役立つ時期だと考えることがあります。」

コラム バンガード日和 より

世界が大きく動揺し、過去を振り返っても参考にならない先行きの分からない未知の世界に突入している今、どれだけ『航路を守る』こと(長期投資における分散投資、低コスト、リスク許容度等自分がコントロールできることに焦点を当てること)ができるのかが重要です。

まさに今は『バンガード日和』なのだと思います。

まだ不安が完全に拭えないそんな状況の中で投資についてもSNS等に触れていれば否が応でも色んな情報が入ってきてしまいます。

そんな雑音には耳を傾けず、深呼吸をして『航路を守る』ことに集中して『バンガード日和』を過ごしていきましょう。

 

シオイも利用しているSBI証券楽天証券はこちらから口座開設を申し込めます。

楽天証券では楽天カードによる積立投資、貯まった楽天ポイントでポイント投資をしています。

投資信託を楽天証券で年会費永年無料の楽天カードで決済(上限金額:5万円まで)すると+1%のポイントが付与されます!買い物で貯まったポイントで投資ができちゃいますよ。

 

初めて資産運用・インデックス投資をやろうと思っている人向けの基本知識、インデックス投資の始め方をまとめています。

 

スポンサーリンク
資産運用
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント