Try UQ mobileを利用して高速データSIMをリスクなしで利用してみた

Try-UQ-mobile レビュー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

実はiPad mini Wi-Fi + Cellular(256GB)を購入しました。

自分のiPhoneは格安SIMで利用していますが、正直他社のSIMも速度含めて気になっていました。

そこでiPadminiに挿すデータSIMをどこにしようか検討する中でUQモバイルの15日間無料レンタルができるTry UQ mobileを利用してみました。

無料でデータSIMを試せるのは非常にお得で便利でした。

スポンサーリンク

なぜUQモバイルを選んだのか

iPad mini Wi-Fi + Cellular(256GB)を購入し、どこのデータSIMを利用しようか検討していました。

自分のiPhoneはIIJmioで利用しています。

もう1枚SIMを発行してもらい利用することも考えたのですが、どうせなら他社のSIMを使ってみたくて他社で検討することにしました。

ちなみにIIJmioも普通に使えるのですが、通勤途中で通信が途切れるエリアがあるのとスピードは速いとは言えないのです。

まぁ、SNSやネットサーフィン程度の利用なので特に不具合はないのですが画像の読み込みは時々ストレスを感じます。

全く使い物にならないという訳ではありませんが、速度面では若干不満があります。

今回、データSIMを選ぶ場合の基準を考えてみました。

  1. 月の使用料は3GB程度
  2. 月の支払いは1,000円前後
  3. できれば速度が速くて安定していること

ちなみにiPhoneに挿しているIIJmioのSIMは音声通話機能付きSIMでライトスタートプラン(6GB/月額2,220円(税抜))を利用し、毎月5,5GB程度消費しています。

格安SIM会社の中で3社候補を決めました

データSIMを前提とした基準で候補にあげたのは以下3社です。

UQモバイル、楽天モバイル、LINEモバイル です。

データSIMに関して料金比較は以下の通りです。

UQモバイル楽天モバイルLINEモバイル
料金プラン月額料金9801,0201,110
容量3GB3.1GB3GB
SMS
回線auドコモ・auドコモ・au・ソフトバンク
iPadの動作保証
最低利用期間

※金額は税抜金額です。

どこも同じような内容でほとんど差はありません。

料金プラン以外で気になった点は以下の通りです。

UQモバイル楽天モバイルLINモバイル
メリット・通信速度が速い
・データSIMのレンタルができる
・楽天ポイントで支払可能・コミュニケーションフリープランだとSNSのデータ消費しない
デメリット・iPadの動作保証がない・データSIMだとSUP対象外
・2019年10月以降、自社回線へのiPadの対応は未定
・通信速度は速くない
・通信速度は速くない

3社候補をあげましたが、以下2点の理由でUQモバイルを試すことを決めました。

  1. 通信速度が速いこと
  2. データSIMのレンタルができること

iPadminiの動作保証がない点が気になりますが、事前にレンタル可能なので試せるのが魅力的でした。

※UQモバイルではiPadminiの動作保証はしていません。自己責任でデータSIMを試しています。その点は予めご承知おきください。

ということでまずはUQモバイルのレンタルサービス「Try UQ mbile」に申し込んでみました。

スポンサーリンク

Try UQ mobileの申込方法

Try UQ mobileのサイトから申し込みます。

WEB申込(スマホ+SIM SIMのみどちらも可)と店頭申込(SIMのみ)が選択できますが、自分はWEB申込を行いました。

申込の条件・必要なものについて

WEB申込、店頭申込ともに申込みの条件、事前に用意しておくものは以下になります。

WEB申込店頭申込
条件20歳以上であること18歳以上であること
必要なもの・クレジットカード
・連絡先メールアドレス
・SMS対応の電話番号またはキャリアメールアドレス
本人確認書類(運転免許証等)

レンタル機器の到着・返却までに日数について

レンタル機器の発送から到着、返却までにかかった日数は以下の通りです。

機器到着の日数:約3日間

  •  5/30にWEB申込を行う
  •  5/31にレンタル機器出荷完了メールを受信する
  •  6/1機器到着

機器返却の日数:約3日間

  • 6/8に佐川急便の営業所へ機器を持ち込んで発送を依頼
  • 6/11レンタル機器返却手続き完了のお知らせメール受信し、返却完了

※千葉県からの機器受領・返却の場合です。お住まいの地域よって日数は変更となる可能性がありますのでご注意ください。

15日間無料レンタルですが、機器の返却完了を含めて15日間ですので返却のタイミングには注意が必要です。

レンタルで送られてくる機器について

申し込んで3日後に機器が到着しました。以下の梱包材で送られてきます。

梱包材

データSIM(nanoSIM)・操作ガイドが入っています。

nano-simと同封物

上記以外に返却時に使用する着払いの宅急便の伝票も同封されていました。

iPadminiで動くのか早速SIMを挿してテストしてみました。

実際にiPadminiで使用してみた

iPadminiにSIMを挿して、必要なAPN設定を済ませるとちゃんと認識してくれました。

※繰り返しになりますがUQモバイルではiPadminiの動作保証はしていません。自己責任でテストしていますのでご注意ください。

まずは通勤経路含め自分の行動範囲での通信エリアでのつながり具合を試してみました。

つながり具合はIIJmioと異なりネットワークが切れることはありません。この点は問題なさそうです。

そして通信速度については以下の通りです。

iPhoneX(IIJmio)、iPadmini(UQモバイル)の速度比較

各端末にインストールした通信速度計測アプリの画像になります。

同じ機器で試している訳ではありませんので参考値程度ですが、その差は歴然としていてビックリです。

6月3日(月)18時の計測結果です。

場所はイオンモールの中で計測してみました。

1908速度比較

6月5日(水)18時の計測結果です。

総武線錦糸町駅での計測結果です。

1853速度比較

また6月4日(火)18時の計測結果です。

総武線船橋駅での計測結果です。全体的に通信速度が遅かったのですがそれでもIIJmioとの差は大きかったです。

1800速度比較

自分のiPadminiの使い方はSNSが大半なのでiPhoneXと読み込みに関して大きな差はありませんが、画像の読み込みに関してはUQモバイルの方が速く感じました。

スポンサーリンク

Try UQ mobile利用時の注意点

リスクなしでデータSIM、スマホ+SIMがレンタルできるTry UQ mobileですが利用にあたっては注意点もあります。

  • 15日間無料レンタルできるが、機器の返却まで含めて15日間なので貸出期間内に返却する必要がある
  • 通話は試せない。試せるのは高速データプランだけ。「通話アプリ」によるネット通話は試せる。
  • 過去180日間以内にTry UQ mobileレンタルのご利用履歴がある場合は申し込み不可。180日経過後に申込ことが可能

自分はデータSIMでの使い勝手を試したかったのでとくに不便は感じませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

格安SIMってつながり具合や通信速度ってどうなんだろうと誰もが気になると思います。

  • 事前にSIMをレンタルして無料でつながり具合や通信速度を体験することが可能
  • 申込はWEB又は店頭で行え、数日後には手元に機器が到着
  • 個人的な結果ですが、IIJmioとは通信速度が倍以上違った

多くの格安SIMは通信速度の計測結果や利用者のレビューを参考にして決めていると思いますが、UQモバイルならリスクなしでSIMをレンタルすることができます。

今回、動作保証対象外のiPadminiでテストしましたが、すでに動作保証している端末を持っている方はデータSIMで事前のテストができます。

またスマホとSIMのレンタルも可能ですのでこれから格安SIMを使おうかなと思っている人はぜひ利用してみませんか?

 

スポンサーリンク
レビュー
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント