スポンサーリンク
スポンサーリンク

スバル インプレッサスポーツ|決算前の短期決戦(2日)で購入しました。

インプレッサスポーツ レビュー
MatanVizel / Pixabay
スポンサーリンク
インプレッサスポーツ

MatanVizel / Pixabay

シオイ(@shioi401shioi)です。
今年に入って急に父親というスポンサー様がつくことになり、インプレッサを購入すると記事に書いていました。

子供が風邪を引いてしまったり、自分が体調不良だったりしてカーディーラーへ行けなかったのですが、ようやくコインチェックショックの最中の1月27日(土)・28日(日)の2日間の短期決戦でインプレッサスポーツを購入しました。

本当は今乗っている車をまだ乗り潰すつもりでいたのですが、今回のスポンサー様からのプッシュを受け、車検を通した直後ながら新車購入を決意しました。
その経緯は以下記事をご覧ください。

2018年は積立投資実行日を変更します。2018年1月の積立投資を実行しました。
シオイ(@shioi401shioi)です。 仮想通貨は大幅下落ですが、株式相場は堅調の中、2018年1月の積立投資を実行しました。 積立商品は下記5本です。 ・楽天・全世界株式インデックスファンド (信託報酬:0.2396% 実...
スポンサーリンク

今回購入しようと思っている車種は?

本来であれば複数車候補にあげて競合とかをするのですが、スポンサー様の一押しであるインプレッサの一択です!!
シオイもレガシィに乗りたいと昔思っていたので、スバル車にNoはありません。

ちなみにインプレッサも以下のとおりラインアップが分かれています。
インプレッサは1,600ccにもアイサイトを搭載し、2WDで価格が200万円を切るという値段設定も注目です。

インプレッサスポーツ (5ドアハッチバック)
インプレッサ G4(セダン) ←スポンサー様おススメ!!

以下は共通です。
排気量:1,600cc ←スポンサー様おススメ!! / 2,000cc
駆動 :2WD ←スポンサー様おススメ!!   / AWD(All Wheel Drive:4駆)

駆動は2WDで決めています。
理由はあまり雪山等に行くこともないこととAWDよりも燃費が若干いいという点です。

排気量については、実家の群馬へ帰省に高速を快適にドライブするなら2,000ccがいいなとシオイは思っています。

ところが免許を持っていない奥さんは安い1,600ccがいいと思っており、どちらが折れるかというところで別途協議中。

ハッチバックかセダンかについては、荷物の取り回しを考えるとハッチバックがいいかなと思っています。
スポンサー様の手前、展示車でG4も見て考えようと思います。

スポンサーリンク

商談1日目:家族でスバルディーラーへ訪問し、見積依頼しました。

まずは家族でスバルディーラーへアポ無し突撃訪問です。
土日なので点検待ちのお客さん等々で混みあっていましたが、インプレッサの購入を考えており、見に来ましたと伝えて席に案内してもらいました。

しばらくしてシオイを担当してくれる営業さんがやって来ました。
まずスポンサー様に勧められてインプレッサスポーツかG4の購入を考えていることを伝えて、営業トークを聞くことに。

シオイがいいと思ったのが自動ブレーキ等の安全もさることながらアイサイト全車速追従機能付クルーズコントロールです。
高速道路で、0km/h~約100km/hの速度でで先行車に追従走行でき、高速巡航からノロノロ運転が続く渋滞時まで、アクセルとブレーキ操作のわずらわしさを軽減してくれるそうです。

これは実家に帰るのが楽になりそうとついつい思ってしまいました。

さっそく高速ドライブでアイサイトの快適さを実感しました。アイサイトの追従クルーズコントロールは便利で快適ドライブができます!!

アイサイト(Ver.3)の全車速追従機能付クルーズコントロールで高速運転も疲れ知らず!│インプレッサスポーツ
シオイ(@shioi401shioi)です。 先月納車されたインプレッサスポーツに乗って、実家(群馬県)までの高速ドライブでアイサイト(Ver.3)の全車速追従付クルーズコントロール機能を試してみました。 とにかく高速ドライブが...

アイサイトは現在バージョン3なのですが、車そのものは変わってないのにアイサイトのバージョンが変わったという事で乗り替える人も多いようです。

一通り説明を聞いたところで1,600ccのインプレッサスポーツに試乗です。

さっそく車に乗り込んで、ハンドルに付く各種スイッチにビックリです。
隣に座った営業さんからは「何も押さなくても運転出来ます」と言われてしまいました(笑)

ナビがありその上にインフォメーションディスプレイ、ハンドルの正面にはマルチインフォメーションディスプレイ付きメーターと表示される情報がこれでもかと多く慣れるまではどこにどんな情報があるのか迷いそうです。

またパーキングブレーキは電動式で、エンジンかけてアクセルを踏んだら自動で解除されます。

試乗コースはかなり凸凹道もあったけれど車は大きく揺れる事もなく安定した走行をしました。
営業さん曰く、これがスバルグローバルプラットフォームの凄さですと。

ちなみに帰りに同じコースを自分の車で通ってみると結構ぐらぐらと揺れました。

それでは見積作成のお時間です。

ここで奥さんが「義理の父が地元のディーラーで聞いたらコミコミ270万円でした」とすかさずジャブを打ちます。

見積は以下内容で作ってもらいました。
車種 :インプレッサスポーツ
カラー:シルバー
排気量:1,600cc / 2,000cc

メーカーオプション
・キーレスアクセス&プッシュスタート、本革巻きステアリングホイール&セレクトレバー、LEDヘッドランプ、クリアビューパック、アイサイトセイフティプラス(運転支援、視界拡張)

ディーラーオプション
・カーナビ、ETC、ドライブレコーダー(必須)、コーティング、ベースキット(フロアカーペット等)

その他
・点検パック(5年)

まず値引き前でそれぞれの価格は以下の通り。
1,600cc 3,055,250円
2,000cc 3,227,130円 ※金額は税込金額

早速、下げ相談をして貰うところで子供がぐずりだしてきたので、一旦奧さんと子供を家に送って一人ディーラーへ戻り、商談を続けます。

今乗っている車を下取りに出すことも加味して値引き後の価格は以下の通り。
1,600cc 2,731,868円 (値引き:262,352円 下取り:61,030円 )
2,000cc 2,871,348円 (値引き:294,752円 下取り:61,030円 )
※金額は税込金額

下取り車は以下で算出してもらいました。
日産ティーダ(2005年式 走行距離約49,000キロ HDDナビ、ETC付き 車検2年付き タイヤ新品 でも修理歴あり)

車雑誌に載っている目標値引き額(23万円)上回っているじゃんと浮かれそうになりましたが、そこは冷静に再度奥さんが言った270万円を口にして更なる値引きを試みます。

営業さんからは270万円はちょっと厳しいので、ちょうど来週から始まる成約プレゼント(3万円相当分)も付けられないか店長に交渉しますと言ってきました。
プレゼント分も加味して270万円というところで検討してもらえませんかと。

ここで今日の商談は一旦終了して、明日の13時にまた訪問する約束をして自宅に帰りました。
自宅で奧さんにこの内容を話すと下取価格が安いんじゃないかと言われ、翌日の午前中に中古車ショップに査定してもらいにいくはめになりました。

スポンサーリンク

商談2日目:まずはマイカーの査定をしに2軒回ってきました。

朝早起きして、二軒の中古買取店で査定を依頼しました。
再度記載するとシオイの車の概要は以下の通り
日産ティーダ(2005年式 走行距離約49,000キロ HDDナビ、ETC付き 車検2年付き タイヤ新品 でも修理歴あり)
ディーラーの下取り価格は61,030円

1.ビッグモーター
事故車扱いになるので買えても30,000円くらいなのでディーラー下取りの方がいいと言われました。
事故車じゃなければ10万円くらいはいけるのですがとむしろウチに売却してくれるなといったトーンで話されました。

2.カーセブン
ここは運営会社が日産系で、人当たりの良い店長が対応してくれました。
事故車扱いも加味して、新車納車のタイミングであれば65,000円出すとの事。売却を早めて2月中なら75,000円に頑張りますと言ってくれました。
ただディーラー下取と大きな差がある訳ではないので新車納車まで車を手放せなければディーラー下取もありですよとアドバイスを貰いました。

またスバルのアイサイトについても今後スバルがアイサイトの開発を自社でやらなくなり、技術者が離職しているので外注化されたアイサイトが今後どうなるのか気になるとも教えてくれました。

結論から言うと今回はディーラー下取にしたのですが、次回査定する時にはここにまず依頼したいと思ういいお店でした。

下取価格に大きな差がつかないと分かったところで、奧さんと相談し成約プレゼント貰えなくてもいいから270万円になったら即決しようと決めました。

いよいよ詰めの交渉です!!

前日に決めかねていた車の色、排気量は、シルバーで1,600ccにしました。
そしてジャスト270万円なら決めますとストレート勝負に出ました。

営業さんも前日の奥さんのジャブが効いてか出来る限りのネゴを事前に進めてくれていたようです。
店長に交渉しに席を外し、しばらくして戻ってきました。

結果は、こちらの要求通り270万円となり、しかも成約プレゼントも付けてくれることとなり契約してきました!!

スポンサーリンク

自動車契約後の手続きについて

金額が折り合えば、発注書や保守点検パック等各種サービスの申込書にサインを書きます。

そしていくつか宿題として準備しなければならない書類が以下の通りです。

・住民票(1通)
・印鑑証明書(3通)
・譲渡証明書
・委任状
・保管場所使用承諾証明書

下取りにあたっては、シオイの車の車検証はだいぶ前に住んでいた住所のため車検証の住所と現住所がつながる書類を用意する必要があります。

スポンサーリンク

まとめ

ちょうど年始のフェアと決算フェアの間のタイミングだったのでいつも以上に値引きを頑張ってくれたようです。
もう一週遅かったら275万円くらいが限界だったかもしれないと営業さんに言われました。

車を買うとなると、競合させたり色々競わせたりするのがセオリーと思っていましたが時期とタイミングと購入意欲が噛み合えば短期決戦でもいい買い物ができると実感しました。

また下取価格についても翌日の午前中が空いていたので、二軒のお店で査定をして貰えて自分の車の査定額も把握出来たのも絶妙なタイミングでした。
本当は前もって査定だけしておいた方が良かったんですけどね。

新車購入と同時に自動車保険も見直しました。保険料は1万円ほど増額しましたが乗り換えました。

SUBARUの自動車保険 l 見直しで保険料が1万円増額したけれど納得した理由とは
シオイ(@shioi401shioi)です。 先日短期決戦でSUBARUのインプレッサスポーツの購入を決めました。 インプレッサスポーツ購入については以下をご覧ください。 その際にディーラーの営業マンから自動車...
スポンサーリンク

おまけ

今回担当して貰った営業マンは余談で色々話してくれるのですが車のナンバーの事はシオイは知らなかったので記しておきます。

ナンバープレートの上の3桁の数字の2桁目が3以上なら選べるナンバーで自分が好きな数字を選んでいる車だそうです。
営業マンもナンバーみて選べるナンバーの車のオーナーにはナンバーの話題を振ってるそうです。

月日だったら何かの記念日なのかだったり、そうじゃなければ名字を当てていたり。

その営業マンが勧めて10人くらいの人が登録したナンバーが「2215」

何の意味かというとスバルの前社名の富士重工なんだって。
スバルのCMで走ってた車もそのナンバーが付いてたそう。

シオイも今回選べるナンバーにしてみましたが、結構「2215」気になってます。
誕生日とかだと個人情報ダダ漏れだし、あとは何かの記念日とかかなぁ。

 

スポンサーリンク
レビュー
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
良かったらシオイをフォローしてください。
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント