仕事・家庭以外にやることが増えました│2022年4月の積立投資を実行しました

積立投資実行 積立投資の実践記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

3月は2月までの不安による下がりから一転して気が付けば年初まで損益も回復してきました。とはいってもこれから先の材料はとてもここ2年の右肩上がりが継続できるようなものはないのでまたすぐに下がってしまうかもしれません。

なので今年からはある意味で買い時のタイミングなのかもしれません(知らんけど)。

新年度となって最初の2022年4月の積立投資が実行されました。

スポンサーリンク

積立商品は下記3本です。

購入ファンドは以下3本です。

証券会社購入区分購入ファンド名信託報酬実質コスト
SBI/楽天つみたてNISA/特定口座eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)0.1144%0.1780%
SBI/楽天つみたてNISA/特定口座 eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)0.0968%0.1240%
楽天特定口座Smart-i 先進国リートインデックス0.2200%0.4640%

※信託報酬(税込)・実質コスト(税抜)です。
各ファンドの実質コストは運用報告書記載のコストになります。(1年間の実質コストでないものも含まれます。)

毎月1日に楽天証券の特定口座で楽天クレジットカード決済、15日にSBI証券でつみたてNISAでの積立しています。

ちなみにeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は楽天証券で楽天カードでの積立投資、貯まった楽天ポイントによるポイント投資をしています。

また余剰資金が発生した場合のスポット投資は楽天証券の特定口座のファンドを買い増ししていきます。

スポンサーリンク

つみたてNISAの損益は48.33%のプラスとなりました

つみたてNISAの損益状況は4月15日時点で48.33%のプラスでした。

20220415つみたてNISA損益

3月に大きく上昇したおかげで50%近くまで損益率が回復です。

スポンサーリンク

楽天ポイント運用は48.6%のプラスです

楽天ポイント運用益は48.6%と先月(38.0%)から大きく回復しています。

楽天ポイント運用_20220416

こちらもポイント投入してから全くのほったらかしですが、それでこの成績なら十分ですよね。

ポイントですがほぼインデックス投資のような疑似体験ができる仕組みなので、自分の身銭を切らなければ分からない部分もあるかもしれませんが投資ってどんな感じなのってところを体験するにはいいツールです。

楽天ポイントでのポイント運用が気になりましたら以下記事もお読みください。

仮想通貨のビットコインの変動に連動するポイントビットコインですが、やっぱりボラティリティが激しいですね。先月の運用益は-2.4%でしたが今月は9.5%と元本割れから回復です
ポイント運用なので全く気にしていませんが、資産として保有したら安眠はできなさそうです。
 

楽天ポイントビットコイン_20220416

急上昇という爆発力が魅力ではありますが、その分急落も激しいのでこの値動きを感じることで変な投機への誘惑への牽制にできればと思っています。
実際に仮想通貨を購入せずとも楽天ポイントで値動きを体験できると投資対象としてアリかナシか自分の許容度に照らし合わせて判断できるキッカケになりそうです。
スポンサーリンク

仕事、家庭以外にやることがまた一つ増えました。

新年度を迎え、色々と新たなスタートが始まっていますが、私もついに抽選でマンションの管理組合の役員候補当選のご案内をもらい、やることがもう一つ増えました。

普段はあまり気にせず、管理組合総会の資料が来たら一通り目を通して賛成で議決権行使だけしているような状況でした。

今回、抽選当選というキッカケではありますが自分の住んでいるマンションの管理運営について参加することで今の内情含めたところを経験値として身に蓄えていきたいと思います。

でもしょっぱな理事長とかは回避したい(弱気です)。

先月の積立投資の実施状況はこちらをご覧ください。

集中投資のリスクを改めて知る│2022年3月の積立投資を実行しました
...

資産運用ってどうして必要なの?どうやって資産運用を始めたらいいの?おススメの本について探しているあなたのために贈る記事です。

スポンサーリンク
積立投資の実践記
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント