楽天・全世界株式インデックス・ファンド│月次レポート(2019年4月)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)の2019年4月の月次レポートが公表されました。

9ヶ月経過時点のコストも発表され、この調子でいけば第1期決算時の高い実質コストも許容範囲内に収まりそうです。

9ヶ月経過時点のコストについて気になった方は以下記事をご覧ください。

新サイト「楽天バンガードHEADS」にて楽天バンガードシリーズの9ヶ月経過時点のコストが発表されました。
...

それでは今月も4月月次レポートで内容を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

基準価額および純資産総額の推移について

まずは基準価額と純資産総額です。
4月に入っても株式相場は堅調に推移しており、楽天VTもそれほど大きな変動はありませんでした。

純資産総額は約13億円増加しています。3月の増加分(7億円)に比べると資金流入が回復してきたように思われます。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は4月の増加分が約7億程度でした。まだ楽天VTの底力を見せつけているのかもしれません。

この調子で純資産総額を更に積み上げられるのか今後の動向に注目です。

201904基準価額と純資産総額の推移_楽天VT

基準価額は3月にくらべ増加して10,724円となりました。設定来高値も間近になってきましたが5月は米中通商摩擦の影響で基準価額はまた下がってしまいそうですね。

201904基準価額・純資産総額_楽天VT

 

スポンサーリンク

ベンチマークとの乖離について

そして4月のベンチマークとの乖離ですが、3月と変わらず設定来で2.0ポイントの乖離です。

この2ポイントの乖離がどうしてもマニアとしては気になってしまうところです。

この点についてはどうしてそうなっているのか原因を知りたいところです。でもマニアじゃない人にとっては気にしないでください。

 

201904ファンドの騰落率_楽天VT

スポンサーリンク

資産構成について

資産構成は以下の通りです。

VTを購入するというシンプルで分かりやすいファンドです。

201904投資状況_楽天VT

ここからはファンドが購入しているVTの2019年3月末時点のレポートになります。

投資銘柄数は8,070銘柄と前月よりも1銘柄減少しています。(前月は8,071銘柄)

201904投資銘柄数_VT

組入地域では前月と変わらずアメリカが5割超を占めています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と比べると国・地域別構成比で中国が上位に入っている点が異なります。

また上位2業種の金融・テクノロジーはeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と同じです。やや楽天VTの方が金融の比率が高めです。(オールカントリーの方では金融は16.2%です)

201904業種別・国・地域別構成比_VT

銘柄も、ほぼアメリカ企業が上位10銘柄を独占です。

また銘柄名に変動はほとんどありません。

201904組入上位10銘柄_VT

 

スポンサーリンク

つみたてNISAでの損益状況

つみたてNISAでの楽天VTの損益状況(2019年5月20日現在)は以下の通りです。

つみたてNISA楽天VT_201900520

損益率は+0.37%となっています。米中通商摩擦の影響で4月から大きく下がっています。

でもその分口数は多く購入できているので良しとします。

スポンサーリンク

まとめ

4月は純資産総額の増加が3月よりも増えており、またeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)を引き離した形となりました。

このまま独走を続けられるのか?それともeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)に追い越されてしまうのかはまだ誰にも分かりません。

9ヶ月経過時点でおおよその実質コストの推測はできますが、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の信託報酬:0.15336%(税込)の実質コストが判明するとそちらに目が向いてしまうと思います。

先月も言いましたがいつまでもVTの経費率改定頼みでなく、信託報酬:0.1296%部分にもメスを入れていってもらいたいと思います。

楽天・バンガード・ファンドの目的の一つである 「国内投資信託として良質なインデックス投資の成果を低コストでお届けすること」を実践してもらいたいです。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドに関してはこちらの記事もご覧ください。

楽天・バンガード・ファンドの創設、第一弾ファンドから期待大か!
...
楽天・全世界株式インデックス・ファンド第1期運用報告書 実質コストは残念な結果に
...

 

過去の月次レポートはこちらをご覧ください。

 

資産運用の基本を知りたい、書籍で学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント