楽天・全世界株式インデックス・ファンド│月次レポート(2019年7月)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)の2019年7月の月次レポートが公表されました。

7月までは好調でしたがこの記事を書いている8月はNYダウの今年最大の下げ等非常に不安定な状況になっています。

誰にも相場は見通せないですね。

本当に短期的な価格変動を気にしていたらきりがありません。積立投資を実践している身としては10年20年後の明るい将来を思い描いて淡々と積立投資をしていくだけです。

それでは今月も7月月次レポートで内容を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

基準価額および純資産総額の推移について

まずは基準価額と純資産総額です。
7月は6月から更に224円値上がりしていますね。

そして純資産総額は16.67億円ほど積み上がっています。

※ちなみに8月16日時点での純資産総額は234.06億円となっています。

NYダウの下げもあってか8月の純資産総額は減少とならざるを得ないようです。

201907基準価額と純資産総額の推移_楽天VT

基準価額は10,574円と順調に推移しています。

8月は下落してしまうのでしょうが、中長期的には増加した企業価値が基準価額に加わって上昇していくことを信じています。

201907基準価額・純資産総額_楽天VT

 

スポンサーリンク

ベンチマークとの乖離について

そして7月のベンチマークとの乖離ですが、設定来で2.5ポイント(6月は2.2ポイント)の乖離と差が広がっています。

201907ファンドの騰落率_楽天VT

本当に長期的に乖離が縮小していくのか心配です。

これさえなければ文句なしにいいファンドと言えるのですが…、残念です。

スポンサーリンク

資産構成について

資産構成は以下の通りです。

VTを購入するというシンプルで分かりやすいファンドです。

201907投資状況_楽天VT

ここからはファンドが購入しているVTの2019年6月末時点のレポートになります。

投資銘柄数は8,186銘柄と前月よりも213銘柄増加しています。(前月は7,973銘柄)

201907投資銘柄数_VT

組入地域では前月と変わらずアメリカが5割超を占めています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と比べると国・地域別構成比で中国が上位に入っている点が異なります。

また上位2業種の金融・テクノロジーはeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と同じです。やや楽天VTの方が金融の比率が高めです。(オールカントリーの方では金融は16.2%です)

201907業種別・国・地域別構成比_VT

銘柄も、ほぼアメリカ企業が上位10銘柄を独占です。

また銘柄名に変動はほとんどありません。

201907組入上位10銘柄_VT

スポンサーリンク

つみたてNISAでの損益状況

つみたてNISAでの楽天VTの損益状況(2019年8月15日現在)は以下の通りです。

つみたてNISA楽天VT_201900815

損益率は-2.15%となっています。

7月のプラスから一転してあっという間にマイナスになってしまいました。

ちょうど8月15日はNYダウの今年最大の下げという買付には持って来いのタイミングでした。口数がいつも以上に多く買えて良かったと思うことにしています。

スポンサーリンク

まとめ

7月も全体的に大きな変動はありませんでした。

重箱の隅をつつくようですがベンチマークとの乖離が0.3ポイント増えて2.5ポイントの乖離となってしまったことが非常に残念です。

インデックスファンドの良し悪しを判断する材料の一つとしてベンチマークとの乖離が見るべきポイントだと思います。

その観点から言うとおススメできるとは言い難くなってきています。(マニアな観点なので普通の人はそれほど気にするものではないかもしれません)

短期間でどうこうなるものではないかもしれませんが、ベンチマークとの乖離の縮小、コストの引き下げについて楽天投信投資顧問さんには鋭意努力してもらいたいと思います。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドに関してはこちらの記事もご覧ください。

楽天・バンガード・ファンドの創設、第一弾ファンドから期待大か!
...
楽天・全世界株式インデックス・ファンド第1期運用報告書 実質コストは残念な結果に
...

 

過去の月次レポートはこちらをご覧ください。

 

資産運用の基本を知りたい、書籍で学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント