eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)│月次レポート(2023年11月)

eMAXIS Slim 投資信託
記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

2023年も1ヶ月を切って、来年からのNISAの1月からの積立設定の期限も終了してきていますが各自準備万端でしょうか?

先週の急な円高のような動きがありますがそう大崩れせずに2023年を終えられるといいなと思いますがどうなりますか。

まずは2023年11月の月次レポートが公表されましたので、こちらを確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

基準価額および純資産総額の推移について

まずは基準価額と純資産総額です。
11月の基準価額は10月から1,421円プラスとなり、純資産総額は16,854.10億円です。

2023年12月12日時点の純資産総額は17,414.55億円となっています。

基準価額は20,589円(+1,421円)です。

※2023年12月12日時点で20,664円です。

スポンサーリンク

ベンチマークとの乖離について

そして11月の騰落率ですが設定来のベンチマークから+0.4ポイント上振れしています。

また各マザーファンドの騰落率は以下の通りです。

安定感のある運用で心配なしです。

スポンサーリンク

資産構成について

資産構成は以下の通りです。前月と大きな変化はありません。

組入地域ではアメリカが5割超を占めています。

組入上位10業種と10銘柄は以下の通りです。

若干ですが比率に動きはありますが全体的に誤差の範囲内です。

銘柄も変動は若干ありますが、アメリカ企業が上位を独占しています。

スポンサーリンク

分配金について

2023年4月25日に第5期決算を迎えていますが、予定通り分配金は0円です。

スポンサーリンク

つみたてNISAでの保有状況について

12月12日現在のつみたてNISAでの損益状況は以下の通りです。

損益率40.12%と引き続きまずまずの状況です。

スポンサーリンク

まとめ

2023年を振り返れば来月からのNISA口座獲得に各運用会社がしのぎを削って異次元の低コスト競争を繰り広げた1年になったと思います。

昨年ではここまで踏み込んで下げてくるとは予想もつかなかったですが、そういった新規商品勢が今後どれだけ償還せずに生き残っていくのかは少し気にしてもいいのかもしれません。

そんな中でeMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は現状は楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンドに最安値の座こそ譲っていますが遜色ない信託報酬率の引き下げを行っており、当ファンドのホルダーにとっては持っててよかったと思えることを実感しているのではないかと思います。

繰り返し記載しているのですが低コストでこの1本で全世界へ投資できることは、各人にとってのコア投資の基盤を作るうえでベターな選択肢(ほぼファイナルアンサー)だと思っています。

信託報酬も最低水準となり、各資産クラスを自作して全世界株式を実現するよりも本ファンド1本の方が低コストというファンドです。

アセットアロケーションを全世界株式の時価総額加重平均のウエイトで納得できて、さらに全世界株式クラス最安値に信託報酬を追従してくるのであれば本ファンド一択で問題ないと思います。

シオイは、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)をSBI証券で三井住友カードによる積立投資をしています。

全世界株式へこれ1本でシンプルに投資ができ、これからつみたてNISAを始める方に文句なしにおススメできる商品です。

特に投資にそれほど興味関心はないけれど資産運用はそこそこにしたいという方にとって現金:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)=5:5で保有するカウチポテトポートフォリオはアリだと思っています。

eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)に関してはこちらの記事もご覧ください。

資産運用の基本を知りたい、書籍で学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント