スポンサーリンク
スポンサーリンク

資産運用を考える <資産運用の3つの要素>

資産運用を考える
スポンサーリンク

apple-606761_1280.jpg
シオイ(@shioi401shioi)です。
資産運用を始める前に、資産形成を構成している3つの要素をご存じですか?

家計簿管理をするのも投資を始めるにあたってまず最初に押さえてもらいたい3つの要素があります。

スポンサーリンク

資産を形成のため重要な3つの要素

資産形成を行うにあたって重要な要素について紹介します。
将来の資産は、以下の公式によって増えていきます。その中でも①、②、③が重要な要素です。

将来の資産 = (①収入 - ②支出 + 現在の資産)* ③運用利回り

①収入を増やす
②支出を減らす
③保有資産の運用利回りを上げる

資産運用における重要なポイントは、上記①~③を増やす・減らすことによって決まってきます。

スポンサーリンク

3つの要素についてどう考えておくべきか?

では3つの要素に対してどのように考えておくべきでしょうか?
それぞれの要素について考えてみたいと思います。

①収入を増やす

言うまでもなく一生懸命に働いで収入を増やすことが資産形成に必要な第一歩になります。

収入がなければ、いくら節約をして支出を減らし、運用利回りを上げても資産を形成できません。

近道はありませんが、若いうちからビジネススキルを磨いて収入を増やすよう心がけましょう。

②支出を減らす

収入が増えてもそれに伴って支出も増加してしまえば、いくら運用利回りを上げてもこちらも資産形成をすることができません。

支出については、色々節約術等がありますが、まずは自分のお金の収支を把握することから始めましょう。

自分の収支を把握してこそ、各節約術等が活きてくることでしょう。

③保有資産の運用利回りを上げる

収入を増やし支出を抑えた上で貯まったお金(資産)をある一定の割合で増やしていくことを資産運用といいます。

この一定の割合のことを運用利回りといいます。この運用利回りをどう上げていくのかについては様々な方法があります。

当ブログでは、自分の本業の傍らの時間で行える「インデックス投資」で資産形成を行っています。

現在は、投資信託・株式投資を始めるハードルがだいぶ低くなり、誰でもお手軽に投資家デビューができるようになってきました。
ただ思い立ったが吉日的には、投資は始めるべきではないと思います。

投資以前に、
・資産形成の3つの要素を理解していますか?
・自分のお金の管理出来ていますか?
・毎月の収支や貯蓄額等ざっくりでも把握できているでしょうか?

この問いかけにNoでしたら、まずは投資以前に資産形成の3要素を理解する、自分のお金管理をすることから始めましょう。

スポンサーリンク

まとめ

資産形成は、以下の要素で構成されます。

将来の資産 = (収入 - 支出 +現在の資産)*運用利回り

・運用利回りを上げる方法は様々ありますが、自分の本業の傍らの時間で行えるのが「インデックス投資」です。

・投資を始める前に、資産形成の3要素を理解し、自分のお金を管理することから始めましょう。

 

インデックス投資は、それほど自分の時間を割かずに行うことができ、再現性の高い投資方法です。

これから資産形成を始めようと考えている人に紹介したい投資方法 l インデックス投資がおすすめな5つの理由
シオイ(@shioi401shioi)です。 身内でもなかなか投資の話は話題にならず、ましてや会社などではなかなか投資の話題で盛り上がる機会はほとんどありません。 そんな中、日経電子版にこんな記事があります。 つみたてNI...

資産運用について以下記事でも考えています。ご興味ありましたらこちらもご覧ください。

資産運用を考える ②<収入を増やそう>
シオイ(@shioi401shioi)です。 資産形成のために必要な3つの要素(①収入を増やす ②支出を抑える ③運用利回りを上げる)の内、①収入を増やすことについて考えてみたいと思います。 資産形成の3つの要素についてはこちら...
資産運用を考える ③<支出を抑え、貯蓄を増やそう>
しばらく振りですが、資産形成のために必要な3つの要素を紹介しています。 前々回:資産運用を考える <資産運用の3つの要素> 前回記事:資産運用を考える ②<収入を増やそう> 資産を形成のために必要な要素 将来の資産 ...

ブログランキングに参加しています。
クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ  

スポンサーリンク
資産運用を考える
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
良かったらシオイをフォローしてください。
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント