スポンサーリンク
スポンサーリンク

BRIEFINGのATTACK PACKは収納が沢山あって育児中のパパバックとしてもオススメ!

子育て
スポンサーリンク
tasclapimage_1915_2_1.jpg

シオイです。
今回はBRIEFINGのATTACK PACKが収納力抜群で、子育てパパにも使いやすかったので紹介します。

もともとトートバックを愛用してきたのですが、バッグに穴が開いてしまい買い替えを検討しました。
これまでなら同じトートバックで探そう思うところを、娘とのお出かけ等を考えるとそれなりの量の物を収納出来て、かつ両手が空けられるバックパックにしようと思いました。

ただネットで見かけるイクメンパパ向けバックは何となく嫌だったので、オンオフでもそこそこ使えるちょっとお洒落でいて収納力も抜群なバックはないかと探していたところBRIEFINGのATTACK PACKに出会いました。

スポンサーリンク

BRIEFINGってどんなメーカーなの?

ブリーフィングはこんなコンセプトで作られたラゲッジレーベルです。

BRIEFINGのデザインソースは”ミリタリー”のままであってはならない。
アメリカが本気で生み出す、強靭なパーツや最高峰の技術。この本質を理解し、その充分すぎるほどの機能を、どうタウンユースモデルに搭載し、どのようなスタイリングに仕上げるか、そして必要最小限のミニマムな機能として再構築することができるのか…
BRIEFINGのデザインワークは常にそこからはじまるのです。
BRIEFINGのモデル ラインナップは、洗練された様々なシーンを想定し、どのようなスタイルにもフィットできるように開発されています。
BUSINESS・TRAVEL・SPORT…..CAR・TRAIN・JET…..
これらのシーンにおける究極の選択は、常に『耐久性のある機能美』が存在していなければならない。

BRIEFING OFFICIAL SITE CONCEPTより

シオイはこのメーカーを気に入っていて、通勤バッグも購入して使用しています。

通勤バックは、A4 LINERを愛用しています。

A4.png
スポンサーリンク

ATTACK PACKってどんなバック?

シオイが購入したのはネイビーのATTACK PACKです。
色は他にブラックとカーキがあります。

前後左右は以下写真の通りです。

fc2blog_20170903150753b8f.jpg

使ってみての感想

通常のバックパックと比較して本体以外に2か所ポケットがあり、左右にもペットボトルや折り畳み傘をしまう深めのポケットがあります。
このポケットが使いやすくて重宝しています。

バック上のポケットにはハンカチやティッシュ等を収納しています。

下のポケットは、長財布を2つ入れてもまだ余力があるほど広いです。
財布をそこに入れているのですが、ファスナーが2つあるので背負ったままでも簡単に開いて中の物を取ることができます。

fc2blog_20170903150901e68.jpgfc2blog_2017090315092164e.jpg

また側面のポケットは本来ペットボトルや折り畳み傘を入れるのですが、シオイは携帯や家の鍵をそこに入れたりしています。
これまた必要な時に背負ったままでも取り出せるので重宝しています。

fc2blog_20170903150949618.jpg

バッグ本体も中で二つに仕切られており、ミニポケットも備わっています。
奥さんが子供とのお出かけで持っていくオムツ等必要なものを収納してもまだまだ余裕があります。

お洒落で収納力抜群のATTACK PACKですが、お値段は決して安くはありません。
値段は38,000円(税抜)になります。
これを高いと思うかは人それぞれですが、シオイとしては最低でも5年は使い続けるつもりでいるので1年間7,600円払ってこのバッグを使えると思えば高くはないと思っています。

興味を持たれた方は、ぜひ直営店へ実物を見に行ってください。BRIEFINGのSTORE LISTはこちら

取扱店舗は多数あるのですが、多くの店舗は定番商品しか置いてません。オフィシャルショップにある商品は直営店でないと実物を見ることは難しいのでご注意ください。

子育て中でもそうでない方も収納力が多いお洒落なバッグをお探しでしたらぜひ一度、BRIEFINGのATTACK PACKも検討してみてください。お値段以上の価値はあると思いますよ。

created by Rinker
BRIEFING(ブリーフィング)
¥36,500 (2018/10/16 21:42:14時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
子育て
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
良かったらシオイをフォローしてください。
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント