楽天・全世界株式インデックス・ファンド│月次レポート(2022年2月)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

2月以降これまでのようなぬるま湯だった株式相場が一転毎日ボラティリティの激しい状況が続いています。ここ最近投資を始めたばかりの方にとっては最初でまたもしかしたらかなり長期にわたる試練かもしてません。

ぜひともこの試練を乗り切ってもらいたいと思います。

さて楽天・全世界株式インデックス・ファンド1月のレポートが開示されましたので見ていきたいと思いますが、その前にGoodNewsからです。

スポンサーリンク

「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ実質的に負担する運用管理費用の引下げについて

2022年3月9日に楽天投信投資顧問より以下プレスリリースが発表されました!!

「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて

バンガード社の対象ETF(バンガード®・トータル・ワールド・ストックETF ティッカー:VT)が2022年2月25日に引き下げられたことに伴い楽天・全世界株式インデックス・ファンドも0.01%費用が引き下げられました。

楽天VT実質的に負担する運用管理費用の引下げ

楽天投信投資顧問
「楽天・バンガード・ファンド」シリーズ実質的にご負担いただく運用管理費用の引き下げについて」より

保有していてコストが下がるのですから、持ち続けていたいですよね。

スポンサーリンク

基準価額および純資産総額の推移について

まずは基準価額と純資産総額です。
基準価額は1月から8円値下がりして15,504円となりました。

そして純資産総額は58.93億円増加して1,523.65億円となっています。

※ちなみに3月14日時点での純資産総額は1,503.94億円、基準価額は14,892円となっています。

202202基準価額と純資産総額の推移_楽天VT

ロシアによるウクライナ侵攻での相場不安定が大きく影響していますね。

202202基準価額・純資産総額_楽天VT

スポンサーリンク

ベンチマークとの乖離について

そして2月のベンチマークとの乖離ですが、設定来で4.2ポイント(1月は4.8ポイント)乖離はまた若干縮まりましたが誤差の範囲内です。

1年以内の乖離については問題ない動きですが、設定来の乖離差はもうこういうものと思ってしまった方が良さそうです。

202202ファンドの騰落率_楽天VT

スポンサーリンク

資産構成について

資産構成は以下の通りです。

VTを購入するというシンプルで分かりやすいファンドです。

202202投資状況_楽天VT

ここからはファンドが購入しているVTの2022年1月末時点のレポートになります。

投資銘柄数は9,326銘柄と9銘柄減少しています。(前月は9,335銘柄)

202202投資銘柄数_VT

組入地域では前月と変わらずアメリカが5割超を占めています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と比べると国・地域別構成比で中国が上位に入っている点が異なります。

202202業種別・国・地域別構成比_VT

銘柄はアメリカ企業が上位を独占です。

また銘柄名に特筆すべき変動もありません。

202202業種別・国・地域別構成比_VT

スポンサーリンク

つみたてNISAでの損益状況

つみたてNISAでの楽天VTの損益状況(2022年3月14日現在)は以下の通りです。

20220314つみたてNISA損益

損益率は44.37%と2月より回復しています。

スポンサーリンク

まとめ

ベースのVTの経費率改定によりコスト削減という朗報がありました。
保有していて経費が下がってくれるのはうれしいものですね。VTと言わず楽天VTとしてもまた経費にメスが入ると嬉しいところですが。

昨年とは異なり今年は年初一括投資が正解だったとは言えない状況となっています。自分のリスク許容度の範囲内で過剰になり過ぎず淡々と楽天VTのような長期保有したい商品を積み立てていきたいものです。

楽天VTは海外ETFへのアクセスを投資信託で容易にした点で画期的であり、VTを購入したいけれど海外ETFはちょっとという層を掴んで離さない商品です。

バンガード社の商品を手軽に持ちたいという方にはぴったりの商品だと思います。

楽天・全世界株式インデックス・ファンドに関してはこちらの記事もご覧ください。

楽天・バンガード・ファンドの創設、第一弾ファンドから期待大か!
...
楽天・全世界株式インデックス・ファンド第1期運用報告書 実質コストは残念な結果に
...

過去の月次レポートはこちらをご覧ください。

資産運用の基本を知りたい、書籍で学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント