楽天・全世界株式インデックス・ファンド│月次レポート(2019年10月)

楽天・全世界株式インデックス・ファンド 投資信託
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。

楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)の2019年10月の月次レポートが公表されました。

10月は株式相場も好調なおかげでそれほど心配するようなこともありませんでした。ベンチマークとの乖離も含め大きな変動はありませんが10月月次レポートで内容を確認してみたいと思います。

スポンサーリンク

基準価額および純資産総額の推移について

まずは基準価額と純資産総額です。
基準価額は10月は9月から455円値上がりして10,830円となりました。

そして純資産総額は22.34億円積み上がって287.43億円となりました。

※ちなみに11月15日時点での純資産総額は292.76億円となっています。2019年内に300億円到達しそうですね。

201910基準価額と純資産総額の推移_楽天VT

基準価額は10,830円と好調を維持しています。

201910基準価額・純資産総額_楽天VT

スポンサーリンク

ベンチマークとの乖離について

そして10月のベンチマークとの乖離ですが、設定来で2.2ポイント(9月は2.4ポイント)の乖離と若干差が縮まりました。

201910ファンドの騰落率_楽天VT

間もなく純資産総額も300億円を突破しそうですが、そろそろ運用も安定していいのではないかと思っています。

それとも運用面で他社よりも上手くないといったことがが乖離の要因であるのでしょうか?

スポンサーリンク

資産構成について

資産構成は以下の通りです。

VTを購入するというシンプルで分かりやすいファンドです。

201910投資状況_楽天VT

ここからはファンドが購入しているVTの2019年9月末時点のレポートになります。

投資銘柄数は8,184銘柄と前月よりも26銘柄増加しています。(前月は8,158銘柄)

201910投資銘柄数_VT

組入地域では前月と変わらずアメリカが5割超を占めています。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と比べると国・地域別構成比で中国が上位に入っている点が異なります。

また上位2業種の金融・テクノロジーはeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と同じです。やや楽天VTの方が金融の比率が高めです。(オールカントリーの方では金融は15.8%です)

201910業種別・国・地域別構成比_VT

銘柄も、ほとんどアメリカ企業が上位を独占です。

また銘柄名に特筆すべき変動もありません。

201910組入上位10銘柄_VT

スポンサーリンク

つみたてNISAでの損益状況

つみたてNISAでの楽天VTの損益状況(2019年11月15日現在)は以下の通りです。

つみたてNISA楽天VT_20191115

損益率は+6.58%となっています。

10月に続き堅調な推移で、心穏やかに過ごせています。

まだ2年目ですから10年後、20年後にきちんと増えていることを願うばかりです。

スポンサーリンク

まとめ

10月もベンチマークとの乖離は相変わらず残念なところでしたが、全体的に大きな変動はありませんでした。

純資産総額も2019年中に300億円突破が見えてきました。

それなりの規模になってきていますが、信託報酬の引き下げ競争には沈黙しており他の全世界株式クラスから周回遅れになっている状況です。

VTへ投資信託へアクセスできる商品として非常に画期的なものでしたが、コスト競争の激化にともないVTへアクセスしやすい投資信託というウリだけでは押しが弱いと感じています。

そろそろ楽天投信投資顧問さんもコストについてもメスを入れてもらえないでしょうか?

2年目のつみたてNISAは自分も妻も楽天VTを積み立ててきましたが、来年からはこのままだとeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)へ変更するかもしれません。

 

楽天・全世界株式インデックス・ファンドに関してはこちらの記事もご覧ください。

楽天・バンガード・ファンドの創設、第一弾ファンドから期待大か!
...
楽天・全世界株式インデックス・ファンド第1期運用報告書 実質コストは残念な結果に
...

 

過去の月次レポートはこちらをご覧ください。

 

資産運用の基本を知りたい、書籍で学びたい方はこちらの記事もご覧ください。

スポンサーリンク
投資信託
お役に立てたら応援、シェアしていただけると嬉しいです!!
スポンサーリンク
お気楽インデックス投資ジャーニー

コメント