「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」が来月から始まります!!

FOY2018 資産運用
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シオイ(@shioi401shioi)です。
2018年も残り3ヶ月を切りました。
ということは投信ブロガーにとって年中行事の「Found of the Year」の季節がやってきます。

スポンサーリンク

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」って何?

一切のしがらみのない投信ブロガー達による本当に良いと思える投資信託を投票で決めて広めようという一大イベントです。
2007年から始まり、今回で12回目になります。

過去の受賞投信はどんな投信が受賞しているの?

これまでの受賞した上位2位までの投信は以下の通りです。

実施年1位2位
2007年セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドマネックス資産設計ファンド
2008年STAM グローバル株式インデックス・オープンVanguard Total Stock Market ETF (VTI)
2009年バンガード・トータル・ワールド・ ストックETF (VT)eMAXIS 新興国株式インデックス
2010年STAM グローバル株式インデックス・オープンeMAXIS 新興国株式インデックス
2011年CMAM外国株式インデックスe結い 2101
2012年バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)外国株式インデックスe
2013年バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)ニッセイ日経225インデックスファンド
2014年<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドバンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)
2015年<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
2016年<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドたわらノーロード 先進国株式
2017年楽天・全世界株式インデックス・ファンド<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

各年毎にその年を代表するファンドが選ばれています。

2017年は楽天・全世界株式インデックス・ファンド(以下、楽天VT)が彗星のごとく登場して1位を奪っていきました。

実質コストが楽天バンガードシリーズは初年度ということもあり揃って高めな結果となっており、今年は1位の座を死守できるのか危うい状況です。

さらにギリギリに飛び込んできたのが大本命のeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)です。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)についてはこちらをご覧ください。

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)が2018年10月31日に設定されます!
...

楽天VTよりもコストは安く、恐らく初年度でも楽天VTほど実質コストも上振れする可能性も低そうです。

ついに出てきたeMAXIS Slimの日本を含む全世界株式が1位をもぎ取るのか気になるところです。

投票期間・投票資格は?

詳細は、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」をご覧ください。
・投票期間は
2018年11月1日(木曜日)から11月30日(金曜日)まで。

・投票資格は
「投信ブロガー」であること。2018年9月30日までにブログを開始していること。
投信ブロガーかどうかは運営委員会が判断します。

・投票できる対象投信は
2018年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)です。

・結果発表は
2018年1月13日のイベントで発表予定です。

スポンサーリンク

投信ブロガーの皆さん、ぜひ投票しましょう

2017年は待ちに待っていた楽天VT投票に投票しました。

まだ今回はどれに投票するのかは考え中です。

我こそは投信ブロガーだと思っている皆さん、ぜひこの機会に自分がいいと思った投信へ投票をしてイベントを盛り上げていきませんか?

 

「Fund of the Year 2017」に関する記事は以下をご覧ください。

コメント